飛騨千光寺の公式ホームページです。
住職のユニークな活動やスピリチュアルケアやセミナーなど催事についてのお知らせも掲載しております。
ホーム | 大下住職プロフィール | 歴史と文化 | 講演スケジュール | お問い合わせ | English
プロフィール
1954年(昭和29年)飛騨に生れる。

千光寺で出家する(12歳)。
高野山大学文学部仏教学科卒業。
岐阜大学教育学部研究生終了。
スリランカ国ビドゥヤランカ仏教学院修行留学(テーラヴァダー得度コース)
京都大学こころの未来研究センター研修員修了

現在の職業・所属など:
・飛騨千光寺住職
・元高野山大学客員教授
・高野山傳燈大阿闍梨位
・京都大学大学院医学研究科講師(非常勤)
・名古屋大学講師(非常勤)
・和歌山県立医科大学講師(非常勤)
・愛知医科大学大学院看護学研究科(非常勤)
・日本スピリチュアルケア学会理事
・NPO法人日本ホスピス・在宅ケア研究会理事
・NPO法人日本スピリチュアルケアワーカー協会副会長
・NPO法人日本ホリステック医学協会理事
・地球人ネットワ−ク飛騨代表
・IAVE(ボランティア活動国際推進協議会)日本理事
・岐阜県世界青年友の会理事
・岐阜県音楽療法士 
・高野山真言宗福祉委員

 

和歌山県の高野山で修行し(現在高野山傳燈大阿闍梨)、スリランカ国へ留学、スリランカ僧として得度研修。帰国後、地元教育委員会で社会教育担当(3年)。飛騨で約25年前より「いのち、生と死」の学習会として「ビハ−ラ飛騨」を主宰。その活動から病院や在宅への専門的なボランティア活動として「ひだ医療福祉ボランティアの会」を結成、ベットサイドのボランテイア活動を続ける。

また「岐阜国体から3年間」、岐阜県スキー選手のメンタルトレーナーをつとめ選手の精神的サポートに従事(日本体育協会、全日本スキー連盟公認指導員、スキーパトロール資格保持)。

国立乗鞍青年の家講師、岐阜大学講師を経て、高野山大学スピリチュアルケア学科客員教授を勤める(08年まで)。現在 飛騨千光寺住職のかたわら仏教、医療、看護、人文系の大学で「スピリチュアルケア、臨床宗教学」などの教鞭をとる。

飛騨では高山市内にある「高桑内科クリニック」と「あらたに整形外科・内科」のスピリチュアルケアワーカー(臨床心理相談員)を勤め、医療チ−ムの一員として患者や家族の精神的ケアにあたっている。

2002年2月に岐阜で開催された第33回全国ボランテイア研究集会のコーディネーターをつとめ、2007年には、飛騨高山で「日本ホスピス在宅ケア研究会全国大会in飛騨高山の大会長をつとめて、まちづくりとしてのホスピス、ビハーラの啓発活動に邁進している。
最近は大学での教鞭の傍ら、講演活動、飛騨千光寺で瞑想療法、心の研修に関する様々な宿泊研修を手がけて、医療、福祉、教育における「スピリチュアルケア」や「ケアする人のケア」を探究している。

***講演依頼は下記へ***
大下大圓 daien(アットマーク)senkouji.com